男の人

初心者さんでも分かりやすい不動産投資セミナー

投資専用に建設された物件

集合住宅

初めての物件におすすめ

投資用マンションは不動産投資がメジャーになった際に、不動産投資に最適なマンションとして建設されたものです。自分が住むようなマンションでなく、オーナーが賃貸をするために購入するマンションになります。そのため単身者用のマンションが多くワンルームマンションなどが多くなっています。価格も安めになっており、立地の条件も駅に近い、商業施設のそばなど魅力的なものも多くなっています。そのため不動産投資初心者でも購入しやすい特徴があります。入居者の需要も高いのがメリットです。もともと価格が安いため、家賃も低く設定することができます。また駅などに近いために一時的に住むには最高の環境になっているのです。投資用マンションは東京中心に建設されています。

将来的価値は薄い

この投資用マンションも通常のマンションと同様に、将来的には不動産の試算として残ります。そのため投資初心者は手を出しやすいのですが、築年数を経過した投資用マンションは、売却が難しいことに注意しなければなりません。不動産投資は新築物件中心に人気があります。そのため築年数が経過した物件は需要が低くなっているのです。ローンを支払い終わるころのマンションは値段がつかないほどに安くなっているケースも少なくないのです。そのため将来的に不動産を資産として残したいと考えているのであれば、投資用マンションではなく、ファミリー向けのマンションなどを選択することが大事になります。ファミリー向けは築年数が経過してもそれなりの価値が残るのです。