男の人

初心者さんでも分かりやすい不動産投資セミナー

誰でも手軽にアパート経営

相談

管理会社に運営を全面委託

企業が社員寮などを運営する場合の手法として昔から行われてきたものに、一括借り上げというシステムがあります。一括借り上げとはオーナーが自分の土地に建物を建てた後、別の者がそれを借り上げて利用することをいいます。オーナーは毎月安定して家賃を受け取れますし、利用者側は不動産取得という経済的リスクを負わずに施設を利用できるという、双方にとってメリットのあるシステムです。この一括借り上げ制度ですが、最近では賃貸住宅の経営手法としても用いられるケースが目立ってきました。すなわちオーナーが建てたアパート等を管理会社がそっくり借り受け、実際の運営は管理会社側が行うというものです。個々の入居者との間では、転貸という形で入居契約が結ばれます。

収益の安定化にも役立つ

一括借り上げ制度を採用した場合、オーナーにとって最も大きなメリットとなるのは、物件の管理運営を自ら行わなくて済むようになるということです。日常的な管理業務はもとより、入退去に伴う諸手続き、家賃の収納や督促、果てはトラブルやクレーム対応に至るまで、すべて管理会社が代行します。また、多くの一括借り上げ制度においては、家賃保証が行われるのが常となっています。これはオーナーが入居者の募集に直接タッチしない代わりに、満室家賃の8〜9割程度の支払いが受けられるというものです。つまり、仮にオーナーが直接運営していたとしたら空き室が出るたびにその分の家賃収入がゼロになってしまうのに対し、一括借り上げの場合は入居状況に関係なく常に一定の収入が保証されるのです。